相互垢

 相互垢で楽しく魅力的な交流を続けていたのは、20代後半のOLさんです。
ヒナノちゃんは彼氏がいない、性欲旺盛の女の子。
週に何度も、自分のエロい写メを裏垢にアップしてしまうような性格の女の子なんです。
確実にスタイルは良い。
オッパイの膨らみは、E程度。
ウエストだってくびれているし、お尻の形も大きめで綺麗。
ぶっちゃけ、彼女いない30歳の俺にとって、美味しいおかずにはなってくれていたんです。
リプのやりとりも頻繁だったりして、相互垢の中では一番の仲良しさんでもありました。

 性的な不満も究極的だったとき、ヒナノちゃんに「通話でも楽しんでみない?」と、提案してしまいました。
相互垢になって、かなり頻繁に親しげにしていたために、受けてくれるのではないか?という気持ちです。
「夜なら時間取れるけど、それでも良いならお話しようよ」
「分かった、じゃ夜に連絡してね」
「うん」
快活な返事が返ってきました。

 その夜、本当にヒナノちゃんからの連絡がやってきて、LINEで通話することに。
いきなりエロい話は、無粋だから嫌われてしまうかな?と思っていたのですが、彼女の方から言い出すんです。
「なんだか、ムラムラした気分が非道いんだよ」
「そんじゃ、一丁オナニーでもしてみるかい?」
「エロい指示とか出してくれる?」
「もちろん」
「テレビ電話で、見せてくれない?」
「それも、全然OK」
会話は凄い方向に流れていくことになりました。
相互オナニーで培った関係からオフパコへと進展させるセフレの作り方

 ヒナノちゃんは余りにも積極的でした。
「私のオマンコも、見てみたいんじゃないの?」
「そうだね、エロ垢では、オマンコ見せてないからね」
「ふふっ、私のオマンコでオッキさせちゃって」
彼女は全裸になって足を大きく広げ、そのスケベ過ぎる形の下品な部分を見せてきました。
自分で広げて中までしっかりと見せる。
そして手で、クリちゃんを刺激しました。
みるみるマン汁が溢れ出す。
喘ぎ声が飛び出してくる。
大きく膨張したチンコを握りながら、それを前後に動かしていきました。
ヒナノちゃんのスケベな肉体と喘ぎ声に、心も体もとても熱くなってしまったのでした。

 見せ合いをしてからは、性欲解消の手伝いをお互いにする用になりました。
無料通話アプリを利用し、お互いの見せ合いのオナニー。
正直、この関係作れてガチで幸せ!
相互フォロー
相互垢